読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代のモラトリアム

働くことが嫌すぎて仕事を辞めてニートになったゆとりのブログです

ニート歴2ヶ月だけど再就職できる気がしない

 

無職になって2ヶ月ちょい経ったけど、やはり無職生活は最高。

昨日は23時頃に寝て、日付が変わる前に寝れるとか無職最強かよと思ってたけど、ふと夜明け前に目が覚めて、

 

いつまで今の暮らしを続けるのか。

 

本当に今のまま時間が経っていいのか。後悔しないか。

 

この先の人生どうなるんだろう…。

 


という考えが脳を支配しはじめて寝付けなくなった。

 

現実問題として金銭的や家族など自分を取り巻く状況的にも、いつかは再就職してまとまった収入を稼がなきゃいけないよなあと諦めてはいる。
俺が頑なに労働を拒むのも、本当は1社目が合わなかっただけで、別の会社でもう一度挑戦してみたら上手く行くんじゃないかという疑念もある。

 

1度だけで判断するのは早すぎるんじゃないか、どうせいつか再就職するなら早期に越したことないよなあと。もし2度目もダメなら俺はもう真っ当な労働を諦めるだろうけど。

 

だけど俺は前の職場や仕事内容が合わなかったのもあるけど、労働そのものが辛くて辞めた部分が大きいから、何度就職しても同じ過ちを何度も繰り返すことになる自信があるんだよな。

だからといって会社に依存せずに自分で稼ぐのも、方向性も定まってないし色々足りないものが多すぎるから現状では難しい。

 

 

就職しなければいけないよなあと思いつつも、再就職できる気が微塵もしない

就職という言葉にリアリティを感じなくて他人事のように思えてしまう

企業に受け入れて貰える気がしないという意味でもだし、就職したりバイトしたりしたら今の自由な時間を削ることになる。

好きな時間に好きなだけネットや娯楽を楽しんだり特技を磨いたりなど、時間という最も重い価値の財産を手放してしまうのが勿体なく思えてしまう

退職直後は手続き関係もあってハロワによく行って求人を探したりセミナーに参加したりしてたけど、もう一ヶ月以上行ってない。

 

 

ーーー結構長いこと眠れなかったはずなのに、結局いつの間にか眠っていて、会社に行っていた頃と同じ時間に設定したアラーム音で目を覚ました。

意識が覚醒したら夜明けの葛藤を思い出してたんだけど、あの頃の、

日中頭にモヤがかかって昔の楽しかった思い出を顧みるくらいしか楽しみがなかった日々、上司に怒鳴られて謝罪した時の気まずい雰囲気、先輩上司にパワハラを受けた記憶や、やる気がなくて浮いていた職場の光景が次々に蘇ってきて、

それに比べて今の無職生活は、エア出勤というクソみたいな生活を強いられるストレスはあるものの、時間の縛りや責任から開放された、これ以上ないくらい幸せな時間を生きれていることを思うと、将来に対するネガティブな考えは霧散してポジティブな気持ちに切り替わった。

 

20代のモラトリアムというブログタイトル通り、若くて貴重な20代の時間は、人生の中でも特に価値のある時間で、俺はその時間を自分で納得できる方向に使いたいんだよ。

その時間を長時間拘束でやりたくないことと引き換えに使ってしまうことがとても勿体なく感じるし、苦痛で彩られた20代の人生なんて空虚だと思う。

 

だからもう少しだけ休むことにしよう( ˘ω˘)

 

 

こちらの記事もどうぞ

 

senn.hatenablog.com

 

senn.hatenablog.com

 

努力してますアピールする意識高い系は分かってない

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK15_notepenhikkiyougu20140312_TP_V.jpg

 

リアルでもネットでも、筋トレアピールや英語の勉強アピール、資格勉強してますアピールしてる奴のことが好きになれない。(どれも自己啓発本で筆者がアピールしてることが多い)

 

いや勝手にしてくれればいいんだけど、聞いてて格好良くないし勿体無いなあと思う。

 

努力する過程をひけらかすのは自分のための勉強と言うより、他人にいつも頑張っている自分を認めて労って貰いたいという意識が見え透いているからだと思ってしまう。こういう人が意識高い系だと言われているんだろう。

 

承認欲求は努力のモチベーションになるし悪いことではない。頑張りを人に言いたくなる気持ちは分かる。だけど成果をアピールするのは例えば、

 


・英語を話す必要がある時に、周りの誰も英語が話せない中で、自分が英語を話して無双できる時。

 

・薄着になったり裸になった時に肉体を主張できる時。

 

・普段全然勉強してない素振りをしておいて周囲の予想を裏切って資格試験に合格した時。

 


そういうここぞというタイミングで存分に見せつけてやれば超かっこいいのに。

 

地道な日々の努力は隠しておいて、ここぞという時に力を発揮することが男の美学だと思いません?

 

好きになれないといったのは透けて見える自己顕示欲が鬱陶しいのもあるけど、俺の美学に反しているからのほうが大きいと思う。俺はこれからも秘密主義で行くわ。

 

 

senn.hatenablog.com

 

この記事は筋トレしてるアピールと言うよりかは、自分が思う筋トレの魅力とモチベーションを維持するための精神を書きたかったから書いたもので、努力アピールではないはず。。。よければこちらの記事もどうぞ

今日の昼飯は焼肉ランチ。500円。

 

f:id:senn-shi:20170303133910j:plain

 

一人焼肉は人生初。客が俺以外誰もいなかったから正真正銘の一人焼肉。

自分のペースで食べられる焼肉は気楽でいい。

 

f:id:senn-shi:20170303134003j:plain

 

豚肉6枚だけで少し物足りないけど、御飯と味噌汁のおかわり無料だから腹一杯になった。

スーパーでデザートのアイスを買って、通りかかった小学校の校庭を見ながらアイスを食べた。

 

 


 

12時半。最寄りの公園の椅子に腰掛けてこれを書いている。

この時間帯はいつも家にいるから、白昼の空を仰いだことはありそうでなかった。

今日は空も風も心も穏やかだ。

仕事をしてた時は、辞めた後は天気が良い日に公園で始業時間を気にせずに昼寝をすることに憧れていたっけ。夢が叶ったわ。

 

だが結局15分位で飽きて日光が煩わしくなって帰宅した。

 

f:id:senn-shi:20170303133804j:plain

 

いつまで俺はこんなコソコソ逃げ隠れる毎日を過ごすんだろう。

気づけばもう2ヶ月経ってしまった。

もうハロワにも1ヶ月位行ってないわ。何もしないし用事もないこの日常を手放したくない。まだやりたいことは無限にある。だけどこの先ずっとこのままでいいのかと言う思いが頭から離れない。俺が楽しいと思える方向に変化が欲しい

桜と卒業と人生と

3月1日は卒業式の学校も多いだろう。こっちの地域では祝福するような曇り空だ。
 
 
大学生や高校生で4月から就職する人はおめでとう。めでたく懲役45年の刑だ
会社にしがみついていたら、この先ろくに休みももらえずに、家と職場を往復する、代わり映えのない毎日を繰り返す人生だ。
 
「人生は働くためだけにあるのではない」。仕事や今の職場が好きな人はずっと働いてればいいけど、就職したものの働きたくない人も中にはいると思う。そういう人に言いたい。嫌ならいつでも辞めれるようにスキルを身に着けて、ダメだと思った時にいつでも転職できるように準備しておこう。
ずっと働き続けるのは辛くなるし、疲れたと思ったら仕事をやめて1、2年貯金でニートをして好きなことをするのも、充実した人生だと思う。働きたくない人にとって辞めたくても辞められない蟻地獄のような人生にならないようにしよう。
 
 
進学する学生や在校生のみんなもおめでとう
今が一番楽しい時期で、学生時代というのは桜の木に喩えるなら桜が咲いている限られた短い時期だ。学生が終わった後の人生なんて花が無残に散った後。余生だ。
 
 
人の一生を、短く儚い桜のようだという喩えがあるけど、俺はそうは思わない。
もし桜の花くらい潔く人生が終われるなら、俺の人生、桜のようにあっさり散れたらいいのにと思う。
 
桜が咲いている時期が学生時代だとしたら、散った後が学校を卒業した後だ。学生時代は桜の花が咲いている、短くて限られた、一番美しい時代だ。家族にも学校にも法や制度にも庇護されて、会社のような上下関係や利害関係を無視した友達ができるチャンスと、何より色々なことを考えたり、試行錯誤できる時間という最強の資源が与えられている。大人になって振り返った時に、学生時代にやり残したことがないように生きよう。

 

f:id:senn-shi:20170301120503j:plain

 

 

今週のお題「卒業」

音楽とYouTubeは麻薬。いい加減時間を無駄にするのをやめたい

f:id:senn-shi:20170227210928p:plain

 

外にいるときに手持ち無沙汰になったら、取り敢えず音楽を聴いてしまう。

基本、何の目的もなしに音楽を聴くと言う行為は、俺にとっては何も生み出さない逃避行為だし、当たり前だけどその時間は音楽を聞くことに意識が向いてしまうため、本を読んだり、じっくり考えたりなど、他の行為が一切出来なくなる。

 

実際ここ2ヶ月の無職生活でも、やることが一段落ついて何となくYouTubeでひたすら音楽を聞いたり、つまらない動画を見たりして時間を粗末にしていることが多くて、もうこんな時間かよって思ってその時間他のことに使えたなって悔いることが多い。

それどころか、やらなきゃいけないことがあるのにYouTubeを見ていつまでも手につかないことや、面倒なことから逃げるために動画を見たり。今の俺には明らかに動画や音楽の存在が毒になっている。

 

昔から特にやることに追われていないときは動画に逃げてしまう悪癖がある。

動画は音楽がタダで聴けるし面白い動画も多いし、役に立ったり知的好奇心を満たすことに貢献してくれるけど、情報を受け取るだけで、深く考える機会を奪っていくし、ダラダラと動画を見てた時間があれば考え事が出来たり、空いた時間を他のことに使えばよかったと後から後悔することが多い。

 

音楽を聴かなくなるのはカラオケ好きとしては苦渋の選択ではある。最近まで1年位ほとんどボーカル曲を聞かなかったんだけど、久々にカラオケに行ったら歌い方を忘れて歌えなかったり、酷いものは曲のメロディーすら記憶から消えていた。もうカラオケという趣味自体が自分に合っていないのかもしれないと思い始めた。

 

音楽や動画サイトは楽しいし俺みたいに現実が面白くない人生を送っている人にとっては有用な娯楽の一つなんだけど、思考を止めてただ漫然と動画を垂れ流しにするのは、まるで休みの日に1日中流れているテレビ番組をぼけーっと眺めている無気力な中高年と同じじゃないか。これは人生に彩りを持たせる娯楽とは言えないんじゃないか。

 

もう手術レベルで意識改革しないと治らない気がする。やっぱり俺は生粋の怠惰で無気力で非生産的な人間なんだなと自覚してしまう。

筋トレのモチベーションを上げる方法・思考(参考になるとは言ってない)

f:id:senn-shi:20170226224729j:plain

 

仕事を辞めてからまた、筋トレをするようになった。

 

元々筋トレが好きで、自分の肉体を強化するという過程も、それによって得られる結果もいいものだと知っていたから、途中でブランクはあったものの、一貫して中学生の時からやってたんだけど、就職してからの約2年間は殆どしなかった。

 

働いてた時は筋トレなんて2の次だった

仕事を終えて帰宅しても筋トレなんかする気にならなかった。

精神的な疲労もあるし、夜が明けて起きたらまた会社に行かないと…という意識が頭から離れなくて、現実逃避で寝ることくらいしか生きる楽しみがなかった。

早く今日を終わらせたいと思って早く寝るか、ネットを見て現実逃避をする以外する気になれなかったから、筋トレはおろか運動も殆どしてなかった。

 

てか仕事帰りにジム行ってる人とか超人かよって思う。まあ仕事に嫌悪感がないからできるんだろうけど。俺には無理だった。

 

で、とうとう仕事を辞めて、また念願の筋トレを始めたのである。久々にやってみたら明らかに筋力が落ちているのが実感できたけど、だからこそやりがいがある。今のところ少しずつ取り戻せてる手応えはある。

 

気まぐれの筋トレはただの自己満

筋トレはブログと同じで、習慣付けないと日付が空くほど優先度が下がってくるし、日が空いた後にやると前やったトレーニングがきつくなったりして退化した感じがしてモチベーションが下がるのでなるべく感覚を開けないほうがいいと思う。

思いついたときにするくらいだと効果が実感できないし一向に成長しないからやりがいがない。俺も気を抜くとサボりたくなってしまうので、トレーニングをしないと違和感があると思うくらい日課にしたい。

 

まあでもやる気が無い時はあるし、そういうときにどうモチベーションを上げるかで筋トレのやりがいや楽しさが変わってくると思う。

 

参考に俺の場合は、(参考になるとは言ってない)

 

道具を触ってみる

基本編1。ダンベルでもハンドグリップでも取り敢えず触って動かしてみる。

「筋トレをしなきゃ」というスイッチが入ってやる気モードになる。

俺の場合は腹筋腕立て等の自重トレをしてからダンベルを握るより、最初にダンベルを動かすほうがスイッチが入りやすい。道具を実際に動かすほうがトレーニングをしてる感を体が意識するのかも。

ただしいきなりダンベルを持ち上げると怪我するから必ず最初にストレッチをしよう。

 

理想の筋肉を想像する

基本編2。実在する人物でも、架空の人物でも。

自分の憧れる人に近づきたいという強い思いが筋トレに対するモチベを上げる。

YouTubeでリアルな筋トレの動画を見るのもいいし、

フィクションの強そうなキャラになりきるのもあり。

共感してもらわなくて結構だけど、俺はリゼロのスバルに憧れる。まあ異世界では雑魚だったけどさ。不登校で筋トレしてて強いとか、一般的な不登校児のイメージと一線を画す異端って感じがして、キャラそのものというより設定に憧れる。

 

自分と同年代(あるいは若い人)を意識する

性格的に負けず嫌いというわけでもないし、あまり勝敗に執着しない方だと思うけど、それは常に自分は他の人よりも優れた存在でありたい。有象無象のゴミどもとは違うという歪んだ自己愛が前提にあるからだと思う。

 

自分より少しだけ力がありそうな人を見れば超えてやるって思うし、弱そうな人を見れば差を縮ませたくないという思いが湧き上がってきて鬼のように筋トレが捗る。

あとは社会に対する理不尽に対してのフラストレーションや、自分の過去の失態やコンプレックスに対する怒り、ムカついた上司から殴られて殴り返したり殺す妄想をするなど怒りの感情は、トレーニングで自分を追い込む強力なモチベーションになる。

 

これを読んでいる君が学生ならクラスに蔓延るDQN、社会人なら腹が立つ上司や同僚は、君の筋トレのパートナーだ。

 

他人との勝敗に執着しないと言っておきながら、他人を引き合いに出してモチベーションを引き出すとか自己矛盾極まりないと自分でも思うけど、筋トレが捗るなら動機はなんでもいい。

 

恋をする

いや割と真面目に。2次元だろうが3次元だろうが、愛する対象があれば、きついトレーニングでも頑張る力が湧いてくる。

筋トレをしながらスマホとかで画像や動画を見るだけでもう少し踏ん張らないとという活力が湧いてくる。

 

個人的には、2次元のキャラを好きになった時の方がモチベーションが上がる。

2次元は理想を映し出す鏡として作られたキャラクターであることが故に完璧だし、設定された欠点があるにしても、好きになる時はそれを受け止めて好きになる。だから欠点も魅力なのである。そんな完璧な子に相応しい自分で在りたいたいという意識が俺の筋トレの原動力である。

 

まあでも筋トレも含めて俺という個人を褒めてくれたりするのは3次元だけだし、3次元を本気で好きになったら今以上にやる気が出る…かもしれない…たぶん。

 

ブログを書く

これはこの記事を書いてる途中に思いついた。

筋肉やトレーニングに関する文章を書くということでモチベーションは上がってくる。実際この記事を書いてて筋トレしたくなったし。

文章化するためには頭で筋トレのことを考えながら書くから勝手にスイッチが入る。

今度から筋トレをサボりたくなったら筋トレネタの記事を書くとしよう。

 

 

最後に。筋トレは力や精神を強くする結果を目的としているわけだから、過程やきっかけなんてどうでもいい。やる気スイッチすら押せればあとは体がトレーニングを求め始める。

 

筋トレをやりきるとストレスが収まる(一時的なもので、ストレスは忘れるわけではないし日が経つとまた沸き起こってくるから永続的にトレーニングのおかずにする)し、誰にも迷惑をかけずに発散できるから、怒りの感情を抱え込んでいる人には、発散の手段として筋トレを提案します。

自分をADHDだと疑っている新入社員へ

 

勉強をしている人のイラスト(男性)

 

上司の指示通りに仕事ができなくて怒られる毎日。

自分はADHD(発達障害)が入っているのかと疑ってしまう新入社員もいると思う。

 

え、俺だけじゃないよね?

 

入社1年目だった俺は、上司から怒鳴られることが日課だった。

 

「こんな事にも気づかないのか」

「言われたことができないのか?」

 

こうも毎日言われると、自分は仕事に向いてなくて周りに迷惑をかけるだけの人罪で存在しない方がいいだろうし辞めたいと思うようになっていた。

(まあ辞めたいと思い始めたのは入社して1ヶ月後だったし、俺が怒られるのは無気力で努力を放棄していらことが大きいけど)

 

それでも真面目にやろうとして怒られたときは、俺はなぜこうも言われたことができないんだろう。

もしかしたら自分はADHDなんじゃないかと本気で思った時期があった。

ADHDとは発達障害の一種なんだけど、このサイトによると

 

・単調なことの繰り返し
・持続的に集中力が必要なこと
・一度に多くのことに注意を向けること
・時間やルールが厳しいこと
・ミスが許されないこと など。

 

こういうことが苦手らしい。

 

 

まさに俺のことじゃないか。仕事自体にやる気がなかったのもあるだろうけど、とにかく集中力が続かなくて途中でどうでも良くなって、結果的にミスを連発。2つ以上の作業をすると更に悪化し、タイムリミットが迫ると軽いパニックになって手がつけられなくなる。

症状と本当に一致していたから、一度カウンセリング受けるべきだと考えたけど、ADHDと認定されたからといって障害手当も出ないし、診察料も高いらしいから結局諦めたんだけど、そのかわりに「どうするれば怒られずにすむか」を考えることにした。

 

入社2年目になると指示の内容がわかってきて、ミスが減り、ピークのときほどは怒られなくなってきた。場数を踏むと「どこを間違えやすいか」「ここだけは間違ってはいけない場所はどこか」が分かってきた。相変わらず単純作業や長時間の集中力を使う作業は苦手だったけど、仕事を続けてたら多少はまともになってきたと思ったし、後から聞いた話だけど俺を怒鳴っていた上司が俺のいないところで俺を褒めていたらしい。

 

俺の経験談でしか語れないけど、ADHDだと思ってる人が気をつけるべき怒られないためのコツは、とにかく要求通りにすること。具体的には、

 

指示の内容はメモをとって漏れを絶対なくす。

メモは殴り書きの箇条書きでいい。

完成したらその資料とメモを見比べて要件を満たしているかチェックする。

 

 

何をすればいいかを理解する。

作業が沢山あるなら最初の1つのやり方を聞いてお手本を見せてもらえばいい。

自分で考えて全く進まなかったり、間違ったまま全てやってしまうよりはまし。言われた通りにしてれば取り敢えず理不尽には怒られない。

 

 

2割くらい出来たらやり方が間違ってないか1度チェックして貰う

少しでも心配なら見てもらう。

完成してから間違いに気づいて最初から出戻りだけはしないように意識する。

 

 

状況的に聞けないときは、必ず根拠を基にする

カタログや法規のテキスト、過去の作業と同じような作業を参考に自分で考える。

それでも間違って怒られたのならしゃーない。よくわからないけどこうなりましたが一番ヤバイ

 

 

要求どおりにすることに注意すれば、言われたことを取り組もうとしていると好意的に思われるし、やる気もアピールできる。

(まあ別の上司からは「言われたことしかやらない」とか言われたこともあるけど。ホント面倒くせえ…)

 

とは言え、未だに俺は仕事は向いてなかったと思ってるし、この業務内容をこの先ずっとは辛いなと思ってきっぱり辞めたのだった。未だにADHDの可能性は高いと踏んでるけど、仮に俺がADHDだったとしても、仕事に慣れればミスは減らせるという事ははっきりした。仕事ができなくて悩んでる人は、ADHDの疑いがある無能社員の俺でも多少はましになったからそんなに落ち込まなくていいよって話でした。 

 

まあ未来ある新入社員にとって、リタイアした無職の話なんて価値ないだろうから別に参考にしなくていいですけどね。。。

もし当時の自分にアドバイス出来るならこういう事を言うかなと思って書いてみました。

 

参考資料

h-navi.jp

 

adhd.co.jp