読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代のモラトリアム

働くことが嫌すぎて仕事を辞めてニートになったゆとりのブログです

夏休みとニート生活

懐古


【高音質】久石譲 - Summer


そういえば、夏休みシーズンだな。

 

小、中、高校生は7月終盤から8/31までが夏休み。

体育館に終業式があって、通知表を受け取って、昼ごろに解散。

 

終業式の学校帰りは、青空を見ながら今年の夏の計画を立てながら家に帰る。その瞬間は最高にワクワクした。この夏休みは起きる時間も寝る時間も自由。気が合わないクラスメイトと同じ空間で過ごさなくて済むし、めんどくさい授業も受けなくていい。

 

朝はラジオ体操から始まって、友達と集まったり、夏祭りや田舎に行ったり、プールに行ったり。

 

宿題さえしていれば、一日中クーラーの聞いた家でネット漬けでもいいし、どこかに出かけるのも楽しい。

 夏休みをどう過ごすかを妄想する、夏休みのはじまりは本当に自由の始まりだった。

 

だが俺は社畜になってしまって当然1ヶ月の夏休みなんてない。

夏休みがあって当たり前だった学生が、8月になってもいつも通りに出勤しなければいけないことを耐えられないほど辛いと思わないのだろうか。俺は思わずにはいられないんだけど。

天気が良いと友達と外に遊びに行ったり、クーラーの聞いた部屋でゲームしたりしたいのに、何で俺はこんなことをしなきゃいけないんだろうと思ってしまう。

 

誰でも学生の時は夏休みはあったはずなのに、働き始めて、1ヶ月の休みなんてないくらい働くことを強いられて、何で耐えられるんだろうとずっと思ってた。

 

でもよく考えてみたら、部活してる夏休みでも部活の練習があったり、進学校なら夏休みでも変わらずに授業もあるし、塾にも行かなければいけない。

だから夏休みの中でもやることがあって自分の時間があまり取れない人は、就職した時に夏休みを恋しく感じにくいのかなと思う。だから8月になっても特に苦もなく社畜が出来るんだと思う。

 

俺は工業高校だったし、部活も塾も行ってなかったし、夏期講習みたいなのはなかったから、長期休暇は丸々自分の時間として使えてたし、それが当たり前だった。

 

前もブログに書いたと思うけど。部活してない学生はニートの素質が有るっていうのはガチだと確信してる。部活動の中でやりたいこともないし、仲間を作ろうとせず、一人が好きな人。

 

学生の時の夏休み過ごし方によってニートの素質がわかる

 

これが結論だと思う。部活してない、ただ漫然と夏休みを過ごしそうな人は要注意。おじさんのようになっちゃうぞ☆

 


就職・アルバイト ブログランキングへ


ダメ人間日記 ブログランキングへ