読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代のモラトリアム

働くことが嫌すぎて仕事を辞めてニートになったゆとりのブログです

大卒について語る

大学のイラスト

 

センさん学歴コンプなの?

A:コンプだけどコンプじゃない的な

 

俺は専門卒で大学に行ったことがないから、大学生活に憧れがあって、大学生や大卒には同じ嫉妬でも妬ましさより羨ましい気持ちが強い。それがFランでも。

 

大学生に憧れる理由

1つは俺は勉強大好きで知識欲が強く、自分が好きな分野の学問を高度なレベルで勉強できる環境に憧れる。

勉強するにしても一人で孤独に課題をこなすだけでなく、同じ分野を勉強する友達と一緒に勉強して切磋琢磨したり、人間関係を構成したり出会いがあったりする環境は、大学ならではだと思う。

 

もう一つは、自分で受けたい講義を選択できて、自分が好きな様に時間割が組めることで、自分でライフスタイルを構築できることがいいと思う。

単位を落としさえしなければ勉強をしながらバイトをしたり(働きたくないけど)趣味に時間を費やして人間力を上げたりと自由に使える時間が膨大にあるのが羨ましい。長期休暇も長いし。

 

大学を一度卒業すれば、どんなことがあっても一度卒業すれば大卒の肩書は失われないし、俺の会社(中小企業)では、レベルが低い私立大学でも大卒だと優秀扱いされるから、高学歴の人が入ってきたらどんな扱いなんだろう、俺が高学歴だったらなとか妄想している。アカンやつや…。

 

高学歴なら、一生消えることがない名誉だし、学歴という箔だけでなく、高度な教育を受けてきた優秀な人間なんだなと思ってしまう。

実際大卒の人は、高卒よりも思考力や事務処理能力が優秀な傾向があるし、俺も大学に行けばもっと優秀になってたのではないかと思う。

 

大学を諦めた理由

そこまで憧れてるのになぜ大学に行かなかったかというと、うちの両親は高卒で自営業だからなるべく経済的に圧迫したくなかったのが一つ。俺のようなクソ人間に600万以上の投資をかける価値はないと思うし、親に高額の負担による迷惑を掛けたくなかった。

奨学金を借りる選択肢もあるけど、もし仮にブラック企業に就職してしまったりどうしても仕事が辞めたくなった時に、奨学金の負債が残り続けることで、経済的・精神的な縛りを受けたまま生きることに耐えられないと思うのが二つ目。

 

大学を卒業しても社畜ルートがほとんどだし、働くのに適正がない自分が、先が見える未来の為に4年間で600万以上の投資を受けさせてもらうことがおこがましいという意識があったし、奨学金にしても、終わった時代に使った金をこれから先十年以上に渡って返し続けないという縛りがあることで、仕事をしなければ借金が減らないし安易に仕事をやめられないという意識で気分が重くなってしまい、働いて手に入れた安い給料が更に減ってしまう。

 

大学なんて就職して働き続ける真面目な人が行くもんだとはっきりわかんだね。

 

3つ目が、仮に今から中学時代に戻れたとして、頑張って勉強して進学校→有名大に入ったとしても、働きたくない気持ちは変わらない自信があるし、学歴が何であろうが、何度やり直しても今と同じ状況になるに違いない。でもやっぱり隣の芝は青く見えるし、大学生活は自分の好きなことを勉強して、自分の好きなように時間を使えるフリーダムさが最高に羨ましいぜ。でも大学に行かなかったおかげで俺は奨学金も借りてないし、いつでも仕事を辞められる別な意味でフリーダムというメリットがあるから、気楽に生きていきたいと思う。

 

>大学中退したい奴

中退は高卒以下やで~