読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代のモラトリアム

働くことが嫌すぎて仕事を辞めてニートになったゆとりのブログです

エア出勤について真面目に考察

f:id:senn-shi:20161011230833p:plain

 

親からは辞めるんなら次の職場を見つけてから辞めろと言われたけど、

そもそも労働が嫌だから辞めるのに次を見つけてからとか的外れもいいとこだし、今の精神状態で転職活動なんて上手くいくはずもないし、面接でやる気ありますアピールなんて、とてもじゃないが出来ない。

 

家に居たら間違いなく五月蝿く言われるに決まってる。

大学受験で浪人していた弟も、浪人中は居心地が悪そうだったし、親の当たりもきつかったように感じたから、同じようになる可能性が高い。

 

しばらくはゴールが見えない労働地獄とは無縁な生活を過ごし、精神に英気を養いつつ、将来の自分を見つめるための時間が必要だから、

仕事を辞めてしばらくは、仕事に行った振りをして、家に誰も居なくなったら帰宅して自宅警備の仕事をする生活を計画している。

 

いわゆるエア出勤ってやつです。命名した人はセンスあるわ。

まあ人生そういう時間も必要なんじゃないかと思う。

 

ということで、現状の生活を踏まえて生活リズムを考えてみた。

 f:id:senn-shi:20161011230334p:plain

緑のところは必ず外出しなければいけない時間。合計4時間。

 

問題はこの4時間、どこで何をするか。

 

無収入だから金は極力使いたくない。限られた選択肢の中で考えてみた。

 

図書

安牌。本が無料で読み放題だし、金もかからない。

だが開館時間は基本10時から18時までなので、8時から行っても閉まっているし、18時には追い出されることから微妙に噛み合っていない

 

カラオケ

平日の昼間の料金の安さはコストパフォーマンス高すぎ。

これを気にカラオケに通って歌を磨いてもいい。

夜まで開いてるから昼間以降の時間潰しにはもってこいだけど夕方以降は、料金が上がるし、こちらも開店は10時からのとこが多い。

 

無職仲間の家

そんなものは居ないけど、無職の知り合いを作って、家に転がり込む。

そんな理解ある友人が見つかれば最高だけど、絵に描いた餅すぎて…。

 

彼女の家

働いている(^q^)

 

公園

我ながら切ないけど、ここが最強かなと思う。金もかからないし。

やることはスマホでネットをしてもいいし、本を読んでもいい。

 

8時から空いていて自由に使える空間を探すのが鬼門すぎる…

何かいいアイデアありませんかね?

 

ここまで書いて思ったのが、結局仕事を辞めても、決められた時間に起きなければいけないし、特に用もないのに行き場もなく彷徨うことになる。

働いてないだけで十分束縛されてるよね。

 

長期間バレない自信もないしリスクもあるから、こんな生活短期間しか成り立たなさそう。というかバレるより先に俺がうんざりすると思う。俺は何をやっているんだろうって。