読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代のモラトリアム

働くことが嫌すぎて仕事を辞めてニートになったゆとりのブログです

ベストなタイミングでベストな努力ができる人が羨ましい

日記

ハローワークのイラスト(建物)

 

退職してから、いや、就職してからようやく"働く"ということを真剣に向き合えるようになった。

学生の時のカリキュラムで、就職を現実的に意識させるべく、インターンシップや企業説明会、ビジネス講習なんかを強制的に受けさせられたけど、

今まで学生しかやったことがない自分には、自分が働いてる姿を想像できなかったし、朝から夜遅くまで働くということは、どこか遠い世界の、誰か知らない人の人生のような認識だった。

 

当然、その頃からあまり就職に乗り気じゃなくて「毎日決められた時間通りに動いて、ストレスを貯めながら働くとかだるそうだし働きたくないな。このまま学生のまま一生が終わればいいのに」とか思っていた。

そう思ったのは、教師が就職の話をする時に「深夜まで遅くまで働かされる」とか「宴会では一発芸が強要される」とか、就職意識を遠ざけることばかり言っていた影響もあると思う。

あまり就職に興味がなかったからネットの意見を調べようという意識低かったし、先輩で就職や人生について真面目に考えてる人も周囲には居なかった(周りがやっているから同じように就職して、何の疑問も抱かずにロボットのように働いてるような人ばかりだった)から、教師の発言は、俺の就職意識を遠ざけるには十分だった。

今思えば、理想と現実のギャップに打ちのめされないように現実を教えておくという計らいだったのかもしれないけど。

 

やるべき時に効率良くやれる人が羨ましい

学校で勉強して、受験して、進学して、就職活動して、就職した会社で労働する。

決められたレールに従って、その時ベストなタイミングで全力を出して努力できることって才能だと思うし、羨ましい。

単に「他の人がやってるから自分も同じようにやらないといけない」と思っていただけかもしれないけど。それでも結果的にうまく行けば、考えてやっている人と同じだし、少なくともやるべきタイミングが分からず迷走する俺なんかよりはマシだと思う。

 

話が変わるけど、今日、ハローワークに諸手続きをしに行ったんだけど、

ハロワでは定期的に就活生のためのセミナーをやっていて、社畜の心構えやビジネスマナーの講習の告知が、壁に貼られていた。

 

こういうのって、普通学生の段階で就活前に勉強して身につけるものなんだろうけど、俺の場合は前にも言ったとおり、他人事だと思っていたので、あまり真面目に取り組んでこなかった。

けど実際に就職してみて、労動を肌で感じた上で、まあ不本意でも働く上で必要なスキルだとようやく理解できた。

いくら無職ニートとは言え、ただでさえ一般常識が欠落してるのに、いい年して最低限のビジネスマナーすら身についてないのは流石にまずいと思った。

 

そんなわけで、今週の木金に連続で行くことにした

 

やろうと思えた時が本当に必要な時

だと思う。学生の時のビジネス講習を他人事のように思っていた自分が、

今、身につけないとまずいと思った。今が自分にとって必要なときだと思った。

 

遠い世界の話ではなく、明確に今の自分が身につかないかけていることを突きつけられたような感じがしたから。

 

俺は1回では成功できない

まあ本来就職する前に身に着けておくスキルだとみなされてるから、学生の時に時間をかけて勉強することなのに、就職してからしか気付けない俺は馬鹿なんだなと自覚した。

 

なにより、23歳の落ちこぼれでも、学べるチャンスがあるのはありがたいと思った。

 

2日連続でハロワに行くのはだるいけど、どうせ月2回は行かないといけない決まりだし、講習も2時間で終わるからどんなもんか行ってみようかなと思っただけ。おわり。