読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代のモラトリアム

働くことが嫌すぎて仕事を辞めてニートになったゆとりのブログです

ニート歴2ヶ月だけど再就職できる気がしない

ニート日記

 

無職になって2ヶ月ちょい経ったけど、やはり無職生活は最高。

昨日は23時頃に寝て、日付が変わる前に寝れるとか無職最強かよと思ってたけど、ふと夜明け前に目が覚めて、

 

いつまで今の暮らしを続けるのか。

 

本当に今のまま時間が経っていいのか。後悔しないか。

 

この先の人生どうなるんだろう…。

 


という考えが脳を支配しはじめて寝付けなくなった。

 

現実問題として金銭的や家族など自分を取り巻く状況的にも、いつかは再就職してまとまった収入を稼がなきゃいけないよなあと諦めてはいる。
俺が頑なに労働を拒むのも、本当は1社目が合わなかっただけで、別の会社でもう一度挑戦してみたら上手く行くんじゃないかという疑念もある。

 

1度だけで判断するのは早すぎるんじゃないか、どうせいつか再就職するなら早期に越したことないよなあと。もし2度目もダメなら俺はもう真っ当な労働を諦めるだろうけど。

 

だけど俺は前の職場や仕事内容が合わなかったのもあるけど、労働そのものが辛くて辞めた部分が大きいから、何度就職しても同じ過ちを何度も繰り返すことになる自信があるんだよな。

だからといって会社に依存せずに自分で稼ぐのも、方向性も定まってないし色々足りないものが多すぎるから現状では難しい。

 

 

就職しなければいけないよなあと思いつつも、再就職できる気が微塵もしない

就職という言葉にリアリティを感じなくて他人事のように思えてしまう

企業に受け入れて貰える気がしないという意味でもだし、就職したりバイトしたりしたら今の自由な時間を削ることになる。

好きな時間に好きなだけネットや娯楽を楽しんだり特技を磨いたりなど、時間という最も重い価値の財産を手放してしまうのが勿体なく思えてしまう

退職直後は手続き関係もあってハロワによく行って求人を探したりセミナーに参加したりしてたけど、もう一ヶ月以上行ってない。

 

 

ーーー結構長いこと眠れなかったはずなのに、結局いつの間にか眠っていて、会社に行っていた頃と同じ時間に設定したアラーム音で目を覚ました。

意識が覚醒したら夜明けの葛藤を思い出してたんだけど、あの頃の、

日中頭にモヤがかかって昔の楽しかった思い出を顧みるくらいしか楽しみがなかった日々、上司に怒鳴られて謝罪した時の気まずい雰囲気、先輩上司にパワハラを受けた記憶や、やる気がなくて浮いていた職場の光景が次々に蘇ってきて、

それに比べて今の無職生活は、エア出勤というクソみたいな生活を強いられるストレスはあるものの、時間の縛りや責任から開放された、これ以上ないくらい幸せな時間を生きれていることを思うと、将来に対するネガティブな考えは霧散してポジティブな気持ちに切り替わった。

 

20代のモラトリアムというブログタイトル通り、若くて貴重な20代の時間は、人生の中でも特に価値のある時間で、俺はその時間を自分で納得できる方向に使いたいんだよ。

その時間を長時間拘束でやりたくないことと引き換えに使ってしまうことがとても勿体なく感じるし、苦痛で彩られた20代の人生なんて空虚だと思う。

 

だからもう少しだけ休むことにしよう( ˘ω˘)

 

 

こちらの記事もどうぞ

 

senn.hatenablog.com

 

senn.hatenablog.com