読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代のモラトリアム

働くことが嫌すぎて仕事を辞めてニートになったゆとりのブログです

天気が悪いとクソな1日しか過ごせない(唐突なエロゲ論あり)

http://2.bp.blogspot.com/--X2z5ldMf2A/WEOPX4Y31HI/AAAAAAABALg/pc0SbFkluPo4ImDnJxxQgGT2mq-96C9IACLcB/s800/neet_man2.png

 

目が覚めると北面の窓からどんよりとした雲に覆われた灰色の世界が目に入った。

 

目覚めて10秒で思った。「あ、今日はダメだわ」

 

いつものようにエア出勤から帰宅して、真っ先にパソコンと電気ヒーターの電源を入れる。

電気ヒーターが室温を蒸し暑くて不快指数が高まっていき、5.5帖の狭くて密閉された自室に篭っていると空気が煮詰まってきて同時に頭も煮えてくる。

部屋には敷きっぱなしの布団(収納スペースがない)と、室内保管のクロスバイク。机と本棚くらいしかないのに圧迫感があって、閉塞感というか行き詰まり感が半端ない。

だからといって外出は天気が悪いからどこかに行こうっていう気になれないし、行きたい場所も欲しいものもないから結局家にいる方がマシだ。

 

 

最近の悩みは鼻水が滝のように出てくることと、目が痛かゆいこと。
これは単に寒さによる風邪のせいか、それとも花粉症なのかわからない。
湿り気のある丸まったティッシュがゴロゴロ転がってると気分が減退するし、とめどなく鼻水が出てくるだけで前頭葉が麻痺してきて、何も考えたくなって投げやりになってしまう。

 


今日は何をやっていたかというと、昼間から缶チューハイを飲みながらエロゲを進めていた。

他にやりたいことは無数にあるんだけどやる気が起きないし、やる気が起きない時でも、ただ絵と文字と音楽が流れていくだけであまり考えなくても消化できるノベルゲームが頭を使わなくても楽しめる。一応このゲームのクリアだって俺の沢山あるノルマの一つだ。

 

だがエロゲというのは、やりたいことをやっているはずなのに俺にとって何も進展した気がしない。時間を無駄にしている気すらする。でもyoutubeやニコ動で適当な動画を垂れ流して時間を無駄遣いするよりは、やるべきことを消化してるわけだから遥かに有意義だけど。


それにしても今やっている作品は面白くない。せっかく世界観とシナリオが秀逸で続きが気になるのに、日常パートがだるすぎる。批判的な文章だから作品名は明かさないけど、世界観が面白くて始めたのに、エロゲ特有のキャラ同士の馴れ合い(学園生活)がつまらないし登場キャラがキチガイ曲者過ぎて普通にイラついてしまう。

 

あとエロゲは好きだけどエロシーンはだるい。この作品に限った話じゃないけど。

飛ばしたいんだけど会話のやり取りが面白かったりキャラの萌えポイントが発掘できたり、後々重要なことを言うかもしれない思うとチェックしない訳にはいけないから、やや早送りくらいで流し読みしてる。

侮蔑するわけじゃないけど、判子絵のキャラとの濡れ場にガチで興奮できる人っているのだろうか。俺がエロゲをする理由はエロではないことは間違いない。

 

 

話が逸れるけど、数々のエロゲに手を出してきたけど、未だに登場人物の使い捨て感にもやもやさせられる。

エロゲメーカーは普通数年に1本新作を出すけど、新作が出る度に新しく女の子が作られてて、新作が出たら基本的に過去作の登場人物は出てこない。
有名メーカーや人気作なら続編を出したり、アニメ化したり、二次創作が活発に作られたりなどでファンの中で生き続けるけど、

マイナーな作品の登場人物は発売から暫く経って旬が過ぎたら徐々にみんなから忘れられていき、次回作が出たら作品は製作者からもユーザーからも見向きもされなくなって徐々に忘却されていき、その作品という小さな箱庭の中に閉じ込められる。これが何の愛着もないキャラなら割り切れるけど、仮にも恋愛ゲームで画面の中とは言え、好きになってしまったキャラクターだからモヤモヤする。「ああもうこれから先はないんだな」と思ってしまう。しかももっと悲しいことに時間が経つと自分でもどうでも良くなってくる。

 

そんな葛藤を繰り返しているとヒロインはその作品のシナリオや世界観を演出するための道具にしか思えなくなってきて、特別な愛着を持つことは減ってきた。エロシーンで興奮できない原因の一つだと思う。

(そこそこの数のエロゲをやってきて、大体のキャラが既存のキャラと類似している事に気づいてわざわざそのキャラを好きになることが減ったというのもあるけど)

 

でもヒロインをシナリオを引き立てるための傀儡としか見れないスタンスはなんか寂しいなあと思う。時々キャラに本気で萌え殺されたい気分になる。だが好きになったとしてもその子は所詮は使い捨て…。

 


これ書いてたらなんか醒めてきたし今やってるエロゲは一旦放置して、今から部屋の掃除でもしようか。お疲れ様でした。