読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代のモラトリアム

働くことが嫌すぎて仕事を辞めてニートになったゆとりのブログです

エア出勤生活90日目【最終回】

f:id:senn-shi:20170403150116p:plain

 

新品の社畜ロボットが一斉に出荷されたのが今日4月3日月曜日。

新社会人の活躍を応援しています。

 

今年の新社会人は俺の1歳下の大卒だから、俺が再就職した先には年下の先輩が普通に居ることに。まあ別にそれは分かってたことだしどうでもいいけど。

 

 

そんなことより、とうとう親に無職なことがバレてしまった

バレた理由はここには書けないけど、とにかくこれでエア出勤生活はおしまい。

まさかピッタリ3ヶ月で終わるとは思わなかったけどw

 

エア出勤生活とはこんな感じ

 

senn.hatenablog.com

 

 

まあポジティブに考えたら、もう仕事に行っているフリみたいな茶番をしなくていいということ。

朝の8時に家を出て図書館が開くまで30分くらい外で時間を潰して、

16時には家を開けるという、時間に縛られた生活をする必要はなくなった。

いつ家族が帰ってくるか怯えながら家にいるのはストレス溜まるし、

家族を欺いている分、普通のニート以下のゴミみたいな生活に嫌気が差していたのは事実。

 

仕事をしていた時は、閉塞感に苛まれていたこともあって、

出勤しなくていいこの計画をワクワクしていたけど、

もう2ヶ月くらいでバカバカしくてうんざりし始めた。

遅かれ早かれやめないといけなかったし今はもういいやって思ってる。

逆に今日のきっかけがなかったらいつまで続けんだって話。

 

 

はー。。。これからどうしようかな。

 

学歴的にも職歴的にも、前職の業界の資格をとるための勉強をするのが一番安牌だし、同じ業界で会社をやっている親も喜ぶだろうけど、無事資格を取って同じ業界に入ったらまた辞めたくなるだろうし、専門学校に行かせてくれた親には申し訳ないけど、この業界に適性も未来もないし諦めたい気持ちが強い。

 

なら興味がある仕事に挑戦しようと思って色々考えたけど、知り合いやネットの話を聞いてもITはブラック確定だし、劣悪な環境でやる気を失わずに続けられるほど好きかと言われたら正直自信がないから、やりたいことを仕事にしようとも思えない。

 

 

俺自身の反省を踏まえて、これから就活したくないけど就活する学生に言いたい。

 

俺みたいな確固たるやりたい業種がない人は、待遇を最重要視して決めるべき

福利厚生や通勤時間は勿論、給料や休日、残業時間で選ぼう。

やりたい業種を持っている人は、仕事で不満やストレスがあっても、やりがいを感じられる限り心の均衡を保てるだろうけど、やりたいことが見つからない人がどの業種を選んでも辛いことに変わりないから、それなら労働自体に対するストレスを極力感じないような職場を選ぶべき。待遇で選んだからと言ってその仕事がつまらないやりがいのない仕事とは限らない。

 

業界で選んでも、入ったものの仕事内容が想像と違ったり、希望部署以外に配属されたりするのは当たり前だし、そもそも入社前から具体的な業務内容なんてわからないし、仕事内容で選んでも多分やっぱり向いてないわと思うはず。

 

俺みたいに学生時代に取り敢えず内定がほしいと思って一応就職したものの、仕事に興味が持てなくてしかも待遇が悪ければ間違いなくすぐ辞める。

 

みんな俺を反面教師にしろ。働きたくない人はどんな業種でも徹底的に楽な仕事を選ぶべき。これは自分の職場選びの反省点だから俺も次に活かしたい。